ティンカー・ベルと月の石
人生初の試写会に当選し! ティンカーベルと月の石の試写会に行ってきました♪
六本木のディズニースタジオに一緒に行ってくれたのはのどかちゃん

 昨年に第一作が公開されたティンカー・ベルシリーズの2作目 テーマは「秋」
実はこの試写会に応募するまでティンカー・ベルが映画になってるって知らなかったです(汗)
ちなみに一作目は春がテーマで ティンカー・ベルが「ものつくりの妖精」になるまでのお話し
2作目月の石では ティンカー・ベルはものつくりの妖精として秋の祭典での大役を仰せつかります
それは 杖を作る事 
8年に一度の青い月が昇る時、月の石をおさめた杖で月の光を集める事によって、妖精達にとって大切な妖精の粉の木の源になる妖精の粉が生まれるのです

親友テランスの協力も得て杖作りに燃えるティンカー・ベル・・・しかし、些細な事の積み重なりでとうとう癇癪をおこし、杖も月の石も、テランスとの友情も粉々になってしまい・・・
この危機を乗り越えるため ティンカー・ベルの冒険が始まります!!


あらすじはここまでにして 感想を!

友達だからこそ 素直になれない時ってありますよね・・・仕事上の事なら素直に謝れたり 適度な距離感を保てるのに 友達となると時々歯車が合わなくなったり  意地をはったり・・・そんな心の動きがリアルに描かれてて 身につまされたりしました  そして意地を張ってちゃ行けないよなッて気分になれます

すごいのがアニメーションの美しさ! 妖精達の住むピクシー・ホロウや動物達 夏から秋へと変わっていく季節の移ろいが綺麗に描かれてます そして妖精達はもちろん動物達 特に冒険で出会う蛍のブレイズのキャラクターがとっても可愛い!! 表情が何とも言えないんです
オープニングの刺繍のアニメーションも好みでした 試写会が始まる前のどかちゃんと織物の話しをしてたからちょっとビックリしちゃった!

音楽もすごく良かったです オープニング直後の妖精達が季節を変えていくシーンの後ろに流れていたライオンキングを彷彿とさせる曲がすごく好みでした♪

ストーリーは・・・まぁストレートフォワードな感じで ディズニーアニメだからねー
大人目線で突っ込んでしまうと ピクシーホロウの危機を救うのはティンカー・ベルだけ! ってその危機を招いたのはティンカー・ベル貴方でしょ・・・とか あまりにも責任を他人に押し付け過ぎだろーよとか・・・けど 観ていくうちに自分と重ね合わせたり 共感したり  誰でも身に覚えのある事だけに引き込まれていきます
子供だけじゃなくって大人も楽しめると思います!

オフィシャルサイトではじぶんがどの妖精か知る事の出来るゲーム があって のどかちゃんも私も ものつくりの妖精でした! どんな妖精か調べてみると楽しいかも♪

今回試写会で見させてもらって 第1作目も観てみたいなーって思いました! 
[PR]
# by open_hearts | 2009-12-08 00:02 | 映画
まだ続くタケノコ狂想曲
通常一個200円するらしいセレブなトマト様が見切り品コーナーで何と4つで300円!ちょっと柔らかくなっちゃってたみたいだけどこれは買いでしょう、ってことで買ってみました。

f0004305_2330235.jpg


切ってみるとかわいいハート形。
トマトソースを作るつもりだったから、種と周りのプルプルが多いと辛いなー、と思っていたけど、種小さめ&ぷるぷる少なめ、果肉たっぷりのぴったりなトマトでした。生で食べても美味しかった!
ざくざく切って、たっぷりのタマネギと煮詰めてトマトソース完成!

f0004305_2330494.jpg


朝は、パンの上にトマトソースを乗っけて、常備菜タケノコイタリアン乗せて、チーズ乗せて、魚焼きグリルでささっと焦げ目つけて、ピザトーストに。

f0004305_23312060.jpg


土台のパン、少しのイーストでゆっくり発酵パンシリーズで初のハード系のパンに挑戦してみましたが、気泡は少なく、クープは開かず・・・。味はおいしいけど・・・な状態だったので全貌の写真は撮らず(笑)
ま、初めてだしね。今回、無水鍋でのパン焼きにも初挑戦!正直なところ、うちの電子レンジ付きオーブンよりもぱりっと美味しく焼き上がりました。恐るべし無水鍋。

勢いで買っちゃったハード系パン用の粉が2KGもあるので(汗)修行致します。
[PR]
# by open_hearts | 2009-05-15 23:32 | ごはん
大人の遠足 タケノコ狂想曲
ヨガトモに誘って頂き、タケノコ掘りに行ってきました

総勢10人でも広々としているリビングルームは緑が迫って来るような・・・
大きな一枚ガラスの窓を開けっ放して、吹いて来る気持ちいい風を浴びながら

f0004305_1475857.jpg


美味しいご飯(写真はのどくろ)と

f0004305_1483499.jpg


お酒を頂き、いざタケノコ掘りへ・・・

f0004305_1491922.jpg


慣れなくて、「まだ掘ってるの〜??」と突っ込まれながらもたくさん掘りました!
皆で皮を剥いて、お土産に・・・

掘ったタケノコをその場ですぐにホイル焼き!
新鮮なタケノコならではの甘さが本当に美味しかったです
夜も更けてそれぞれ家路に・・・素敵な場を提供して頂きありがとうございました



そして、自宅に帰りお土産のタケノコを玄米と一緒に茹でて*灰汁抜きをした後、様々に料理して頂きました

(* 米ぬかが無く、米のとぎ汁を作ろうにも玄米しかないのでとぎ汁が出ず・・・まぁ、米ぬかが周りに付いてる訳だし、と思い玄米を一握り入れて一緒に茹でました ちゃんと灰汁抜き出来ました!)




まずは、ご馳走になってとても美味しかったタケノコと豚肉の煮物

f0004305_14124335.jpg


お砂糖を入れ過ぎて、それをフォローするため(?)お醤油を足したら、かなり濃い味付けになってしまいました
豚肉のこってりとしたうまみがタケノコに絡んで美味しかったです、が、ご馳走になったような柔らかなこっくりとした味付けにしたかった・・・



お次は 中華風玄米おこわ

f0004305_14175654.jpg


タケノコ、エリンギ、しめじ、豚肉をごま油で炒め、一度どけて同じお鍋で洗った玄米を軽く炒めて油を馴染ませた後、干しえびとその戻し汁、焼酎、醤油、塩と油揚げを足して圧力鍋で玄米を炊き、炊きあがった所にとっておいた具を混ぜ入れて馴染ませました 干しえびの香りがよく、角切りにしたタケノコも良いアクセントになりました 本当は干し椎茸があれば良かったですね 



ここまでこってり目の味が続いてますが さっぱり味の物も作りました
写真を撮り忘れましたが、醤油と黒酢を合わせた所にタケノコの薄切りを浸けて さっぱりとしたマリネに。 これを作るのに使ったタケノコは軽くエグみが残ってしまっていたのですが、それもかえってちょうど良かったようです



タケノコとお揚げの炊いたん
↑京都風の呼び方がこれで合っているのか分かりませんが・・・

f0004305_1442264.jpg


冷凍してあった油揚げを油抜きして、みりん、醤油、お塩、昆布ひとかけらと水を一煮立ちさせた所にタケノコと一緒に煮含ませました
突き出しとかに出てきそうな優しい味の煮物が出来上がりました
余裕があればこれで炊き込みご飯を作りたい・・・時間的にも消費量的に無理かな  
冷凍庫には中華風おこわと頂いたタケノコのちらし寿司も食べられる時も待っています・・・



最後に、常備菜風2品
中華風

f0004305_14321497.jpg


少し余った豚肉をカリッとするまで炒め、出て来た余分な油をとったら細切りにしたタケノコを
味付けはお塩とニンニク醤油、仕上げに黒こしょうをたっぷりと


イタリア風

f0004305_14342993.jpg


ニンニクを刻みオリーブオイルとともに鍋にいれゆっくりと熱して香りを出した所にタケノコを
味付けはハーブソルト(私はFiddes Payneのpizza and pastaを使いました KALDI等で扱いがあります)とお塩、黒こしょう

香りや味の強い物をあまり使ってないのでタケノコの甘さ、美味しさを味わえます
常備菜と言いつつ量もあまり作ってないし シンプルで美味しいのですぐに食べ終わってしまいます

中華風の方はたくさんのタケノコをもらった時とかに作っておくとかに玉風にアレンジしたり、他の野菜と炒め合わせたり使い勝手がよいです
イタリアンの方はパスタと合わせようと思って作ったらパスタが無い事に気がつきました・・・詰めが甘い
お酒のつまみにも良さそうです


たくさん頂いたお土産のタケノコ、色々な味付けで楽しませて頂きました!
季節の物を頂くのは本当においしい 身体も喜んでるように思います
仲間達と一緒に汗を流して収穫したものならなおさら美味しさが引き立つというもの・・・
一緒に時間を過ごした皆様 ありがとうございました!!!
[PR]
# by open_hearts | 2009-05-02 15:06 | おでかけ