ティンカー・ベルと月の石
人生初の試写会に当選し! ティンカーベルと月の石の試写会に行ってきました♪
六本木のディズニースタジオに一緒に行ってくれたのはのどかちゃん

 昨年に第一作が公開されたティンカー・ベルシリーズの2作目 テーマは「秋」
実はこの試写会に応募するまでティンカー・ベルが映画になってるって知らなかったです(汗)
ちなみに一作目は春がテーマで ティンカー・ベルが「ものつくりの妖精」になるまでのお話し
2作目月の石では ティンカー・ベルはものつくりの妖精として秋の祭典での大役を仰せつかります
それは 杖を作る事 
8年に一度の青い月が昇る時、月の石をおさめた杖で月の光を集める事によって、妖精達にとって大切な妖精の粉の木の源になる妖精の粉が生まれるのです

親友テランスの協力も得て杖作りに燃えるティンカー・ベル・・・しかし、些細な事の積み重なりでとうとう癇癪をおこし、杖も月の石も、テランスとの友情も粉々になってしまい・・・
この危機を乗り越えるため ティンカー・ベルの冒険が始まります!!


あらすじはここまでにして 感想を!

友達だからこそ 素直になれない時ってありますよね・・・仕事上の事なら素直に謝れたり 適度な距離感を保てるのに 友達となると時々歯車が合わなくなったり  意地をはったり・・・そんな心の動きがリアルに描かれてて 身につまされたりしました  そして意地を張ってちゃ行けないよなッて気分になれます

すごいのがアニメーションの美しさ! 妖精達の住むピクシー・ホロウや動物達 夏から秋へと変わっていく季節の移ろいが綺麗に描かれてます そして妖精達はもちろん動物達 特に冒険で出会う蛍のブレイズのキャラクターがとっても可愛い!! 表情が何とも言えないんです
オープニングの刺繍のアニメーションも好みでした 試写会が始まる前のどかちゃんと織物の話しをしてたからちょっとビックリしちゃった!

音楽もすごく良かったです オープニング直後の妖精達が季節を変えていくシーンの後ろに流れていたライオンキングを彷彿とさせる曲がすごく好みでした♪

ストーリーは・・・まぁストレートフォワードな感じで ディズニーアニメだからねー
大人目線で突っ込んでしまうと ピクシーホロウの危機を救うのはティンカー・ベルだけ! ってその危機を招いたのはティンカー・ベル貴方でしょ・・・とか あまりにも責任を他人に押し付け過ぎだろーよとか・・・けど 観ていくうちに自分と重ね合わせたり 共感したり  誰でも身に覚えのある事だけに引き込まれていきます
子供だけじゃなくって大人も楽しめると思います!

オフィシャルサイトではじぶんがどの妖精か知る事の出来るゲーム があって のどかちゃんも私も ものつくりの妖精でした! どんな妖精か調べてみると楽しいかも♪

今回試写会で見させてもらって 第1作目も観てみたいなーって思いました! 
[PR]
by open_hearts | 2009-12-08 00:02 | 映画
<< monochrome phot... まだ続くタケノコ狂想曲 >>